汎用 ECU ART-SD40 ART-SD80



はじめに:

当社は エンジンマネージメントシステムの輸入、 販売、開発に 25年以上に渡り関わってまいりました。
当初は、ウェーバーアルファ専属代理店として設備を充実させ活動を行いながら、少量生産車両向けの排ガス規制や、出力調整等を行ってまいりました。昨年、ウェーバー本体はキャブレター事業に集中することが決定されたことから、Weber キャブレター部門はそのまま輸入元とし、本年度よりは、当社の深く関わりを持つ、汎用ECUの総販売元として、マーケティング活動及び講習等を行うことになりました。MBEはメーカー補助として作業に従事してまいりました。

この十数年で インジェクションシステム、ソフトウェアは進化し続けています。PCの処理速度もそうですが、DOS –(モノクロ画面)Win3.1-win95 —Win7 Win 10 へ フロッピーで移動して128/256kbのEPROM へシリアルで焼く行為はもうありません。インジェクターの霧化は数十倍良くなり、その手段も増えましたが、圧力もキャブレターの10倍から現代の直噴(筒内噴射)においては100倍近い圧力になってきています。インジェクターその他のドライバーも過剰な程の進化を遂げています。近年では、かじった程度の知識でもエンジンは始動が出来てしまいます。

一般的に言えば、実際の汎用ECUとは なじみ易いモノでは無く、それなりの設備、知識、経験無くしては扱えないと言うことに違いはありません。しかしながら、少量生産の英国車のスポーツカーはこの汎用品そのものの場合が多く、単純にそのメーカー専用にプラットフォームを構築している場合がほとんどです。
つまり英国車業界の整備士の多くは既に数十年使用してきているわけです。これらを私たちは、クローズド(ブロック)ECUと呼び、ロックのかかっていない汎用品をオープンECUと呼んでいます。
基本的に、オープンECUは明らかに汎用性が高く機能を充実させていますので、メーカーの販売するスペアパーツとしてのECUの方が安価な場合がほとんどです。

ただし、今回紹介する商品は、今までとはいくつか異なる点が有ります。
メーカーは合理性だけを求め、国内での走行等で不具合と感じていながら妥協しているユーザーも少なからず
存在しています。
ECUは性能が上がり、価格は安くなり、操作するパソコンでさえも非常に身近になっています。
そこで我々のサポートが有れば、不調を完調にする道具として利用することが可能になると言うこと。
エンジニアのスキルの向上に役立たせ出力を上げる事が出来ます。
フルコンですから、ハードウェアの変更に伴い(ハイカムや圧縮 インジェクター交換など)個体差調整は当然すべて出来ます。

ECUとPCの常時接続を行い、個体差調整やアクティブな状態を確認、データーを保存 転送を行うためには、USB PC OBD /Dサブへの接続用メーカー指定のインターフェィスを購入する必要があります。
ケータハム社 ロータス社で使用しているそのままのECUにアクセスすることは出来ません。
ハッキングする行為と見なされますので当社では行いません。
取り扱うメインのECUモデルは以下の通りです。

Introduction:
we cross involved for more than 25 years on imports of engine management systems, sales, and development.
Initially as a Weaver Alpha exclusive distributors enhance facilities, while conducting activities, small amount went for vehicle exhaust gas regulations for production and output adjustment.
Last year, Weber body decides to concentrate on the carburetor business and then Weber carburetor Division is as importer and this year, our deep involvement with as a general distributor of generic ECU To conduct marketing activities and training.
MBE has been engaged in work as an adjunct to manufacturers.
In the past dozen years, injection systems, software continues to evolve.
But so is the speed of the PC DOS – (monochrome screen)Win3.1-win95 — no longer do Win7 Win 10 moves in the floppy, 128-bit and 256 kb EPROM baking in the serial.
Atomization injectors is 10 times better, that means even more pressure carburetor 10-modern direct injection (injection) is nearly 100 times the pressure in came.
Injector evolving as other drivers are also excessive.
Even dabbling in recent years, knowledge will be made starting engine.
There is no difference without decent equipment, knowledge and experience, but generally speaking the actual Universal ECU and settles things not to say.
However, small United Kingdom car production sports car is more if the commodity itself, is often simply building the manufacturer-specific platforms.
Is a lot of mechanics in the United Kingdom car industry already several decades have not use.
These we call the ECU closed (blocking), and open ECU refers to generic products do not take locks.
There are most often is cheaper than the ECU as a basically open ECU obviously versatile high feature has been enhanced, so manufacturers sell spare parts.
However, to introduce this product is there and until now some distinct differences.
Everyone has to compromise they feel manufacturers need only rationality, etc. at the national practice in more often than not to exist.
ECU performance rises, prices are cheaper, even in PCs to operate very close.

You cannot access as that used in caterham, Lotus ECU.
In our not so considered the Act of hacking.
Handle the main ECU model is as follows.

MBE 9A4 (992)  MBE 9A4i MBE 9A9 (959)

ケータハムではケーブルスロットル用に992 を使用し、2.0L Duratec のフライドバイワイヤの2L 2011年までは959を使用しています。
配線系をそのままにECU内部で同様の構築を行えば、オープンECUとして使用できます。
また、過去のボクソールレーシングなどのキャブレター用の点火装置は旧MBE 製ですので、不具合の場合には9A4i(イグニッションオンリー)というモデルが使用できます。

Then use cable throttle for 992 in the caterham 2 l 2.0 L Duratec flydubai wire using 959 until 2011.
Can be used as open ECU if wiring system intact within the ECU as well as building done.
Also-old MBE for carburetor ignition system, such as boxorracing in the past, so in this case can used 9A4i (ignition only) model.

 


ART-SD40

価格:\213,840予価(税込み)
専用ハーネスコネクタキット\105,840(税込み)
アウトプットジョイントキット付き インターフェイスは別売り

ART-SD40 は、Weber Alpha Caterham JPE からのコンバーションキット用として制作しました。
既にJPEは古く 最終生産から、20年が経過しています。メーカーの配線等の寿命は10年程度です。さらに当時のウェーバーアルファインジェクションはフードバック制御を持たず、エンジンをオーバーホールしても制御装置がきちんと働かなくては、意味がありません。JPE からの変換キットはECU と同時にボルトオンの配線キットで対応します。ただし当時のJPE はクランク内の回転トリガーが、5歯で、現在の速度の速いECUには不向きです(燃料噴射タイミングの変更や、その他の多くの装備があるため)。新型にするために、クランクを60-2歯にするか、又は当社で販売しているプーリーに装着するタイプのトリガープーリーをご利用下さい。
無論この仕様はスタンドアローンですので、JPEで無くてもその他のエンジンでも当然動きます。

ARTSD40 は35 Pin ですが、過去の当社扱いのWeber Alpha, Alpha Plus. Alpha Pro4, Alpha Pro5,MBE 992, MBE 9A4, MBE 959, OMEX, Emerald, EFI など 同様の35/6 Pin系を 遙かにしのぐ扱いやすさと、順応性と 高性能を有しており多くの車両に対応可能です。
6気筒までは 燃料、点火共にシーケンシャル制御可能で、EPS メーカーオリジナルメーターへのアウトプットも可能にすることができます。

追加のデバイス用にソフトの追加費用などは発生しません。
ケーブルスロットル用の最高峰です。
ECUはデーター所有者がブロックすべきですので、販売品は基本的にブロックがかかっていないオープンECUです。

Special harness connector kit \105,840 (including tax) with output joint Kit interface by selling ART-SD40 produced as a conversion kit for Weber Alpha Caterham JPE.
Already JPE is old from the last production 20 years since then.
Lifetime manufacturer’s wiring, etc.Is about 10 years.
Further at weveralfainjection does not have these controls, engine overhaul control system work properly, doesn’t make sense.
Conversion Kit from the JPE responds with a bolt-on wiring Kit ECU and at the same time.
However time JPE is crank in turn trigger 5 teeth, is unsuitable for the fast speed of the current ECU (because there are many equipped with fuel injection timing changes,
and other).
Please use the type attached to the pulley to a new 60-2 tooth crank or sells our trigger prey.
In the JPE, so of course this is a stand alone without any other engine course work.

35 Pin is ARTSD40, we deal with the past Weber Alpha, Alpha Plus.
Adaptability and high performance with ease of handling as well as 35 / 6 Pin, such as Alpha Pro4, Alpha Pro5, MBE 992, MBE 9A4, MBE 959, OMEX, Emerald, EFI systems far
surpassed the corresponding to the number of vehicles allowed It is a feature.

Until the six-cylinder fuel, ignition sequential can be controlled with the original parameters of EPS manufacturers OUTPUT.
For additional device does not occur, the additional cost of the software. It is the highest peak for cable throttle.
ECU should be blocked by the data owner and open ECU have not taken basic block is selling products.


ART-SD80

価格:\270,000(税込み)(キャンペーン初期30台限定価格 ¥213,840(税込み)
専用アダプターボルトオンハーネス\105,840(税込み)
ハーネスコネクタキット専用 
ハーネスコネクタキット Duratec 2L 用
ハーネスコネクタキット Sigma VVT-I 1.6L 用
ハーネスコネクタキット 160 K6A 0.66 L Turbo用
インターフェイスは別売り

ART-SD80 は 現代のCaterham ECU (Lotus & CT1)の コンバーションキット用として制作しました。

2007-2008-2015 RS 200 R200 フォードECU のコネクタを外し ジョイントして使用できます。
エアフローセンサーを外し MAP センサーを取り付ける負圧制御で動作します。(又はスピードスロットル制御
でも可能)イモビライザーを稼働させるため、フォードのメーターパネルは基本的に装着する方が良いでしょう。

2011-2016 RS300 R300 EU 5 Lotus ECU (アルミボディ) のコネクタを外し ジョイントして使用できます。
当社では通常のスワップだけでなく、フライドバイワイヤの4連スロットル化も複数台装着済みです。
仕様により210-250-285ps まで完成済みです。

Seven 160 / Seven Sprint EU5 EU6 CT1 ECU (黒樹脂) のコネクタを外し ジョイントして使用できます。
上記は 共に ECUだけでなく、スワッピンッグ配線キットを装着します。常時在庫しています。
もちろんブーストアップもアイドル制御も何でも出来てしまいますので、やりすぎには注意が必要でしょう。

ART-SD80は70 Pinで フライドバイワイヤ(ドライブバイワイヤ)スロットルコントロール、マルチ噴射をも可能にしています。また当然ながら、デュアルVVT-I の他 シーケンシャル燃料、点火とも、噴射タイミング、気筒判別補正 2 x ラムダセンサー コントロール など現行のモデルに必要な物はすべてそろっているアップグレードECUです。
まずはバリエーションとして スワッピングECU(純正からECUのみ交換)からスタートします。
現在搭載されているアルミ製Lotus T6系ECUを外し そのままの配線が使用できるアダプタを開発致しました。
ケータハム160 / 250 / 350 のロータス製 CTI製のECUのプラグアンドプレイ型 オープンECUと認識頂ければわかりやすいでしょう。

ノーマルのECUを外し ボルトオンで装着できます。
ノーマルのフライドバイワイヤ(DBW)スロットルの面倒な処理は不要です。
プレインスト-ルのデーターで十分その他変更したい部分を操作することが可能です。

Price: \270,000 (including tax) (campaign early 30-limited price \ 213840 (tax included)-harness connector kit harness connector Kit 2 l Duratec for adapterboltonharness \105,840 (tax included) Harness connector kit Sigma VVT-I 1.6 L for harness connector kit 160 K6A 0.66 L Turbo interface is modern Caterham ECU by selling ART-SD80 (Lotus & CT1) of the con Kit version, was produced.

2007-2008-2015 joints unplug the RS 200 R200 Ford ECU connector, you can use.
Works on negative pressure control disconnect the air flow sensor, replace the MAP sensor.
(Or even throttle control) will better position basically the Ford instrument panel working immobilizer. 2011-2016 joints disconnect the connector of RS300 R300 EU 5 Lotus ECU (aluminum), can be used. Flydubai wire 4-throttle for more than one installed is also, in our company as well as a normal swap.
Specification is completed up to 210 – 250 – 285ps.

(Black plastic) of the joints unplug the connector, you can use.
These are both ECU as well as swapping wiring Kit is installed. Are in stock at all times.
Of course both boost and idle control will be made of anything, so too much attention is required.
ART-SD80, 70 Pin by enabling flydubai wire (drive-by-wire) throttle control, multiple injection.
Naturally, dual VVT-I other sequential fuel and ignition model of injection timing, cylinder determination corrections 2 x lambda sensor control, an essential upgrade ECU every is.
First of all, as a variation begins swapping ECU (from OE swap only ECU).
Adapter can be used as wire, remove the currently installed aluminum Lotus T6 series ECU has been developed.
Easy to understand once you plug-and-play type open ECU ECU caterham 160 / 250 / 350 Lotus CTI made and recognition.

Normal of the disconnect the ECU, can be fitted with bolt-on.
Normal of the tedious process of flydubai wire (DBW) throttle is required.
It is possible to manipulate the data of the plainest – 10 other want to change part.